×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

直線上に配置
バナー
クロード・ドビュッシーは、初めは礼讃者であったのにライト・モチーフゆえにワーグナーから離れた人で
彼のワーグナー嫌悪示すエピソードがアンドレ・フォンティーナスの「象徴主義の想い出」1928、パリ版で書かれてます。

アイコン
アンドレ・フォンティーナスの「象徴主義の想い出」1928、パリ版
アイコン
ロンドンで聴いたワーグナー
Gil plus (ジル・プラス)1903年六月1日より
(1)
アイコン
ロンドンで聴いたワーグナー
Gil plus (ジル・プラス)1903年六月1日より
(2)



メニューにもどります
直線上に配置